vol2 オリエンタルランド 株主総会 新エリアの設備投資が増えても大丈夫なの?現金、いわゆるキャッシュ・フローは優秀である!(2019年3月期決算)

 

 

[最終更新日]2019年10月8日↺ [読了目安]こちらの記事は6分程で読めます 

 

f:id:koala_log:20190627194053p:plain

  

➤目次

1.オリエンタルランドの2019年株主総会情報!

 Point ➤貸借対照表まできちんと説明する事業報告!

2. オリエンタルランドの株主総会の雰囲気は?

 Point ➤キャストの働きやすさと設備投資の質疑応答多数!

3.新エリアやアトラクションの設備投資が増えても大丈夫なの?

 Point ➤OLCのキャッシュ・フローは優秀である!

 

おまけ1)

質疑応答「ジャングルでうどん!?」

おまけ2)

質疑応答「アニメオタクだとリゾートの雰囲気が…。」

おまけ3)

質疑応答「ミッキーを新顔に変更した理由は?」

 

おすすめ記事

≫オリエンタルランド×花王 ミッキーシェイプの泡で手洗いをしよう!

≫オリエンタルランド 過去最高益なのに、なぜ株価反落?(2019年3月期)

 

2. オリエンタルランドの株主総会の雰囲気は?

Point ➤キャストの働きやすさと設備投資の質疑応答多数!

 

 

 

f:id:koala_log:20190215135149j:plain
こすぴー先生

今回は、【キャストの働きやすさ】と【大型の設備投資】の質問が数多くありましたので、第2章で【キャストの働きやすさ】を第3章で【大型の設備投資】に書いていきます。会場は録音が禁止のため、多少の語弊があることご了承ください。

 

 

≫全質疑は19問あり数が多いので、記事の最後におまけの質問とともに掲載しています。

 

おまけ1)
質疑応答「ジャングルでうどん!?」
おまけ2)
質疑応答「アニメオタクだとリゾートの雰囲気が…。」
おまけ3)
質疑応答「ミッキーの新顔のPDCAは?」


キャストの働きやすさ・人事政策の質問多数!

 

Q.高年齢者の雇用について、政府は70歳までの雇用確保を発表している。オリエンタルランドはどのような方針でされるのか。海外は年齢に上限がない。

  

f:id:koala_log:20190410154152p:plain

常務執行役員 神原さん

雇用上限は65歳ですが、70歳も検討しています。働ける環境整備も含めて検討していきます。高齢者の方でも、高いホスピタリティを持ち、後輩への見本となる人もいます。教育や雇用の年齢上限に努めていきます。

 

 

Q.終身雇用について。トヨタで終身雇用は難しいとあったが、どのような考えがあるか。

 

f:id:koala_log:20190410154152p:plain

常務執行役員 神原さん

若い方も含めて終身雇用で働く人が減っています。それぞれのライフスタイルや働き方にあわせて、雇用区分があります。"テーマパークオペレーション社員"という雇用区分を新設しています。キャストは準社員という区分だったので、“社員”として安心して生き生きと働ける環境を整えております。高いホスピタリティを持ち、高い価値を持つ社員を増やしいき、結果的にそれが企業価値にもつながると思います。

 

Q.給与と賃金格差について。四季報2019年春号からの抜粋だが、41.5歳で670万円とされている。8割の準社員は200~300万円と伺っている。3分の1の額では、結婚や生活が厳しい。社員と準社員との格差を是正してほしい。

 

f:id:koala_log:20190410154152p:plain

常務執行役員 神原さん

雇用区分の変更、時給の見直し、キャリア支援をしております。
時給では、生き生きと働けるよう、頑張りに応じた処遇を検討しています。新しい雇用区分を設置したり、社員制度にチャレンジする制度など、高いホスピタリティを持ったキャストを3~4,000人の規模で見込んでいます。社員の仕組みをつくることで、ライフスタイルによって働き方を選べます。(略)

 

Q.パワハラの報道もあり、うまくいってない部分やキャストと向き合えていない部分もあるのではないのか。

 

f:id:koala_log:20190410154152p:plain

常務執行役員 神原さん

ご心配おかけし申し訳ありません。大切なのは、人材だと思っております。生き生きと働ける場所を目指し、なるべく時間をとって面談や声掛けをしています。働く時間などマネージャーが声掛けやパトロールをしており、さらに強めていきたいです。(略)

 

f:id:koala_log:20190410154152p:plain

上西社長

しっかりひとりひとり向き合い、よりゲストの方に満足できるものを提供できるように実績で作り上げていきたいと思います。

 

 

Q.損益計算書の質問。法人税払っていますが、人件費が増加すると減税の税制があると思います。制度が適用になっているのか、どれぐらい節税しているのか、適用していなければ、どのような意図であるのか教えてほしい。

 

f:id:koala_log:20190410154152p:plain

取締役 横田さん

税制として、適用可能であるとしたものは適用しています。人件費の税額控除、いわゆる所得拡大税制のことだと思いますが、適用はしています。詳細の数字は控えてさせてもらいます。

 

 


今年度の株主総会だけではなく、過去の株主総会でもキャストの働きやすさや人件費の質疑は繰り返されているようです。

 

今回、回答でもありましたとおり、テーマパークオペレーション社員という社員制度を2019年より導入するようです。

 

これまでパートやアルバイトなど、準社員で雇用していた方を、
社員として登用していく制度ですので、期待したいですね!

 

こちらの利益に対するインパクトも決算資料に載っておりました。

(赤枠参照)

 

 

▸資料 人件費の増減の見込み(前年対比)

f:id:koala_log:20190627195422p:plain


人件費の減 +10億円

➤内訳

・業績賞与の減 +25億円
・準社員人件費の減 +5億円
・正社員人件費の増 △20億円

 

*表記がややこしいですが…

+→前年よりも増益要因

△→前年よりも減益要因

という意味で解釈するようです。

 

業績賞与は35周年イベントで好調だったことから、

例年よりも賞与を増額させた反動だと思います。

 

純粋に社員登用で、約15億円(➡+5億円と△20億円)の人件費増加のインパクトがあるようですね。

(人件費が増えるので、減益要因として△15億円という意味です)

 

オリエンタルランドの2019年度利益は総額で

 

△313億円の減益(前年対比)

 

を見込んでいるので、

 

約5%分が人件費による減益要因と思われます。

 

 

 

 

f:id:koala_log:20190224231834j:plain
ふゆみさん

これから人材確保が難しくなることからも、さらに力をいれて環境を整えると言っていましたね。

 

f:id:koala_log:20190215135149j:plain
こすぴー先生

お互いにとっていい方向に進むよう、期待したいですね!また、税制についての質問もありましたので少し補足します。

 

 


人件費がある一定の基準で増加すると、法人税の減税が図れる税制があります。

 

【所得拡大税制】という税制とのことです。

 

▸所得拡大税制とは…

ある一定の基準で賃上げをしていれば、雇用者給与等支給額の増加額の10%を法人税・所得税から控除できる制度。


例:賃金の支払い

2017年 100万円 
2018年 110万円 
税金30万円を予定

➡+10万円の増加額の10%、1万円を税金30万円から差し引いてよい
(=29万円の税額でOK)

 

 

f:id:koala_log:20190215135149j:plain
こすぴー先生

ある一定の基準を説明すると長くなるので、ざっくり、『前年より賃金が数%上がっているか?』といった条件のことです。この制度が適用されているということは、数字としてもきっちりと人件費が増加しているということですね!

 

 

next!! 新エリアやアトラクションの設備投資が増えても大丈夫なの?

 【1】 【2】 【3】 

 

 

 

 

 

 

 ▼画像をクリック!!

f:id:koala_log:20190502180730p:plain

f:id:koala_log:20190627205848p:plain

f:id:koala_log:20190618204156p:plain

 

f:id:koala_log:20190620103139p:plain

f:id:koala_log:20190620104131p:plain

f:id:koala_log:20190620105050p:plain

f:id:koala_log:20190426190624p:plain

f:id:koala_log:20190626184215p:plain

 

▼財務諸表・決算書を勉強してみたい方はどうぞ^^ 

f:id:koala_log:20190225232124j:plain