1-12 一番大事な利益、営業利益を覚えよう!

 

 

[最終更新日]2019年3月25日 [読了目安]こちらの記事は4分程で読めます 

 

f:id:koala_log:20190426135914p:plain

 

f:id:koala_log:20190215135149j:plain
こすぴー先生

『ZAIMの教室 財務諸表専門の学校』のこすぴーです。

ふゆみさんと一緒に、財務諸表・決算書の読み方を3時間でマスターする無料講座の1-12回目となります。

営業利益と販売費及び一般管理費をわかりやすく解説していきたいと思います。

 

f:id:koala_log:20190224231834j:plain
ふゆみさん

出ました!その長い単語がいつまでたっても覚えられません!笑

 

f:id:koala_log:20190215135149j:plain
こすぴー先生

そうですね(笑)もうちょっと覚えやすい言葉にしてもらいたいですね、会計の世界は!

 

f:id:koala_log:20190225160114j:plain
ふゆみさん

先生がそんなこと言っちゃダメでしょう(笑)

 

 

 

f:id:koala_log:20190426141709p:plain

 

 

1.なが~い用語『販管費』を分解する!

 

 

f:id:koala_log:20190215135149j:plain
こすぴー先生

前回に引き続き、マヨネーズを作って、販売している会社の社長だということで解説していきます。

もちろんですが、マヨネーズの原材料を仕入れて、作っただけではだめですね?

 

f:id:koala_log:20190225160114j:plain
ふゆみさん

えーと…もちろん売ります!笑

 

 

 

はい、作っただけではもちろんお金になりません。

売らないといけませんね。

 

ということで、モノやサービスに売る時や管理する時には、さまざまな費用がかかります。

 

たとえば、このような費用がかかります。

 

 

➤モノを売るための費用

・マヨネーズを知ってもらうためのCM費(=広告宣伝費)

・店先に可愛いPOPを作成した費用(=販売促進費)

・マヨネーズを売る人の人件費や経費(=給料・その他経費)

 

 

これらを、『販売費』といいます。商品を売るのにかかる費用のことです。

 

いっぽうで、オフィスで管理部門がしっかりと働いてくれているからこそ、企業活動というのは成り立ちます。

 

 

➤管理部門の費用

・総務や経理などの管理部門の人の給料

・本社オフィスビルの光熱水道代

・本社オフィスビルの減価償却費

 

 

これらを、『一般管理費』といいます。企業活動を管理するための費用のことです。

 

 

このように、大きく大別された2つの費用を合わせて、

 

『販売費及び一般管理費』といいます。

 

これを別名、『間接費』とよく呼ばれます。

 

 

 

f:id:koala_log:20190224231834j:plain
ふゆみさん

やっぱり、長いですよ。この単語は…。

 

 

 

名称が長いので、

 

『販管費(はんかんひ)』略して呼ぶこともあるので覚えておきましょうね。

 

 

 

f:id:koala_log:20190325092616p:plain

 

 

  

2.『営業利益』が一番大事な利益!

 

ここまで『販売費及び一般管理費』を理解すれば、あとは足し引きの計算ですね。

 

 

➤営業利益とは…

 

『本業での儲けのこと』

 

営業利益 = 売上総利益 - 販売費及び一般管理費

 

 

 

f:id:koala_log:20190325092704p:plain

 

 

このように表現できます。

 

 

f:id:koala_log:20190224231834j:plain
ふゆみさん

よく新聞の見出しでこの利益が出てきます!

 

f:id:koala_log:20190215135149j:plain
こすぴー先生

そうです、この利益は重要だから必ずチェックです!

 

 

 

 

営業利益は、『本業での利益』とも呼ばれています。

 

いままで習ってきたように、企業活動でかかる費用をおおまかに差し引いた利益のことなのです。

 

この利益がプラスに転じていれば

その企業は本業で稼ぎを出せる企業なのだと判断することができます。

 

だから、利益の指標として、とても大事にされているのです。

 

 

3.売上総利益~営業利益までをおさらいする!

 

はい、ここまでをもう一度おさらいしていきますので、よく理解しておきましょう!

 

 

➤前回までの利益

売上からマヨネーズに直接かかった費用を差し引きました。

 

売上総利益 42,000円 

 

= 売上高60,000円 - 売上原価18,000円

 

 

[マヨネーズを売る・管理する費用]

 

販売費及び一般管理費 8,000円

 

➤販売費

広告宣伝費・・・1,000円

POP代・・・500円

営業の人件費・・・2,000円

合計 3,500円 

 

➤一般管理費

総務や経理などの管理部門の人件費・・・3,000円

本社ビルの光熱水道代・・・500円

本社ビルの減価償却費・・・1,000円

合計4,500円

 

 

ここまで計算できたら、あとは差し引きです!

 

[粗利から販管費を引いた儲け] 

 

営業利益 34,000円 

 

= 売上総利益 42,000円 - 販売費及び一般管理費 8,000円

 

 

 

 

f:id:koala_log:20190224231834j:plain
ふゆみさん

60,000円あった儲けが、みるみる減っていきますね…。

 

f:id:koala_log:20190215135149j:plain
こすぴー先生

そうだね(笑)こうやって色んな経費がかかって最終的な利益が残るんだね!

 

 

 

 

f:id:koala_log:20190426141709p:plain

 

 

f:id:koala_log:20190215135149j:plain
こすぴー先生

1限目第12回目の授業、大変お疲れさまでした^^

次の授業は「1-13 経常利益を理解するには、営業外損益を覚えよう!」です。
ひと休みしたら、ぜひ読んでみてくださいね!

 

 

 

f:id:koala_log:20190225232124j:plain

 

1-9 イメージが大事!実際の損益計算書を見てみよう!

1-10 損益計算書とは?売上高を覚えよう!

1-11 売上総利益を覚えるには、売上原価を覚えよう!

1-12 一番大事な利益、営業利益を覚えよう!←イマココ

1-13 経常利益を理解するには、営業外損益を覚えよう!

1-14 特別って言うけど本当に?税引前利益と特別損益を覚えよう!

1-15 実は会社にも税金がある!当期純利益と法人税を覚えよう!

1-16 損益計算書を人の身体に例えてみよう!

1-17 我が家の損益計算書を作ってみよう!

 

©2019 ZAIMの教室 財務諸表専門の学校