1-14 特別って言うけど本当に?特別損益と税引前利益を覚えよう!

 

 

 [最終更新日]2019年10月9日↺ [読了目安]こちらの記事は3分程で読めます 

 

f:id:koala_log:20190602101444p:plain

 

 

f:id:koala_log:20190215135149j:plain
こすぴー先生

『ZAIMの教室 財務諸表専門の学校』のこすぴーです。

ふゆみさんと一緒に、財務諸表・決算書の読み方を3時間でマスターする無料講座の1-14回目となります。

今回は、特別損失・特別利益と税引前利益を解説していきたいと思います。

 

f:id:koala_log:20190225160114j:plain
ふゆみさん

先生!そろそろ損益計算書も終盤に近付いたんじゃないでしょうか?

 

f:id:koala_log:20190215135149j:plain
こすぴー先生

うん、そうだね!今回合わせて、あと2回でそれぞれの項目の解説は終わりだから、頑張りましょう!

 

 

 

f:id:koala_log:20190602102015p:plain

 

1.『特別』という考え方を理解しよう!

 

前回に引き続き、マヨネーズを作って、販売している会社の社長だということで解説していきますね。

 

 

f:id:koala_log:20190215135149j:plain
こすぴー先生

前回までで、営業外と営業の区分けをしていきましたが、それでもまだ費用と収益があるんです。

 

f:id:koala_log:20190228231404j:plain
ふゆみさん

『特別』というタイトルからして、あると思ってました・・・。

 

 

 

その期に限って起きた費用や収益のことを、『特別』という言葉で定義しています。

 

たとえば、いくつか紹介してみましょう。

 

 

Case1

台風で工場が壊れてしまった。けれど、保険に入っていたおかげで保険金がもらえた。

こちらは、保険に入っていたからこそもらえた一時的な『収益』です。

 

Case2

地震によって工場が壊れてしまった…。

その時の工場の取り壊し費用は一時的な『費用』ですね。

こちらは、毎回、地震が起きるわけではないので、その期で1回限りの費用です。

 

 

ということで、それぞれを下のように表現します。

 

 

特別損失…➤

『その期に限って起きた費用のこと』

✔ 災害が起きて、工場の取り壊し費用が発生した。

✔ 工場の土地の価格が相場よりも下がってしまったので、土地の価値を下げた(=減損損失)

 

特別利益…➤

『その期に限って起きた利益のこと』

✔ 被災した工場の保険金をもらえた。

 

 

 

大事なことは…

 

『一回限りのことは、一番最後の方で調整して欲しい』

 

ということです。

 

 

 

f:id:koala_log:20190228231404j:plain
ふゆみさん

たしかにその区別をしないと、本来の企業活動が見えてこないですもんね。

 

f:id:koala_log:20190215135149j:plain
こすぴー先生

そうです!

 

 

 

f:id:koala_log:20190325161814p:plain

 

 

 

ただし、最近では、この『特別』という考え方も、

本当にその期一回限りのことか?と、議論が繰り返されているのです。

 

 

たとえば、さきほどの下記のような事例。

 

減損損失

・工場の土地の価格が相場よりも下がってしまったので土地の価値を下げた

 

 

減損損失(げんそんそんしつ *略称:げんそん)は、

 

日本のルールだと特別損失

 

ですが

 

世界のルールだと本業の方にいれます!

 

最近の企業動向を見ていると、この「減損損失」が頻繁に行われるので、

本業の方にいれる兆候が多いということですね。

 

 

 

f:id:koala_log:20190224231834j:plain
ふゆみさん

え、そうなの!?

 

f:id:koala_log:20190215135149j:plain
こすぴー先生

今はまだ世界のルールまで覚えなくてもいいけど、そういうこともあるんだと知っておいてね。

 

 

 

 

 

 

2.『税引前利益』を理解しよう!

  

ここまで『特別損失』『特別利益』を理解すれば、あとは足し引きの計算です。

 

 

税引前利益(ぜいびきりえき)とは…➤

『その期に限って起きたことまでの儲けのこと』

税引前利益 = 経常利益 -( 特別損失 + 特別利益 ) 

 

 

このように表現できます。

 

 

f:id:koala_log:20190325161852p:plain

 

 

 

 

 

 

3.経常利益~税引前利益までをおさらい!

 

 はい、ここまででもう一度おさらいしていきますので、よく理解しておきましょうね!

 

 

 

前回までの利益)

営業利益から、営業外の費用と収益を差し引きしました。

 

経常利益 31,500円 

 

= 営業利益34,000円 - 営業外損失4,000円 + 営業外収益1,500円

 

 

 

ここで、今回かかった特別損失と特別利益を計算します。

 

 

 

特別損失 3,000円

 

災害費用・・・2,000円

減損損失・・・1,000円

 

 

特別利益 1,500円

 

受取利息・・・1,500円

 

 

 

ここまで計算できたら、あとは差し引きです!

 

 

 

税引前利益 30,000円 

 

= 経常利益31,500円 - ( 特別損失3,000円 + 特別利益1,500円 )

 

 

 

 

f:id:koala_log:20190325161852p:plain

 

 

 

f:id:koala_log:20190602102015p:plain

 

 

f:id:koala_log:20190215135149j:plain
こすぴー先生

1限目第14回目の授業、大変お疲れさまでした^^

次の授業は「1-15 実は会社にも税金がある!当期純利益と法人税を覚えよう!」です。

ひと休みしたら、ぜひ読んでみてくださいね!

 

 

 

f:id:koala_log:20190225232124j:plain

 

1-9 イメージが大事!実際の損益計算書を見てみよう!

1-10 損益計算書とは?売上高を覚えよう!

1-11 売上総利益を覚えるには、売上原価を覚えよう!

1-12 一番大事な利益、営業利益を覚えよう!

1-13 経常利益を理解するには、営業外損益を覚えよう!

1-14 特別って言うけど本当に?税引前利益と特別損益を覚えよう!←イマココ

1-15 実は会社にも税金がある!当期純利益と法人税を覚えよう!

1-16 損益計算書を人の身体に例えてみよう!

1-17 我が家の損益計算書を作ってみよう!