1-7 貸借対照表を、人の身体に例えてみよう!

 

 

[最終更新日]2019年10月8日↺ [読了目安]こちらの記事は3分程で読めます

 

f:id:koala_log:20190424152225p:plain

 

f:id:koala_log:20190215135149j:plain
こすぴー先生

『ZAIMの教室 財務諸表専門の学校』のこすぴーです。

ふゆみさんと一緒に、財務諸表・決算書の読み方を3時間でマスターする無料講座の1-7回目となります。

今回は、まだイメージが湧かない人向けに、貸借対照表を、人の身体に例えてご紹介していきます!

 

f:id:koala_log:20190228231412j:plain
ふゆみさん

待ってました、こういう風に例えを使ってイメージさせてくれる好きです!

 

f:id:koala_log:20190215135149j:plain
こすぴー先生

何事もそうですが、「たとえていうならば…?」という視点は大事ですよね!

 

 

 

f:id:koala_log:20190421231142p:plain 

 

1.資産=人の身体!

 

まずは、貸借対照表の右側、左側のルールをこう表現してみましょう。

 

➤右側…身体の元手

➤左側…身体の使い道

 

*補足:会計の世界での表現

右側…お金の集め方

左側…お金の使い道

 

 

< 貸借対照表を人にたとえたイメージ図 >

 

f:id:koala_log:20190318141429p:plain

 

 

まず、資産を人に例えてみると、『人の身体』と表現できます。

 

図のように、筋肉ムキムキのマッチョマンがいたとします。

 

たとえば、人の身体そのものなので、筋肉や血液、脂肪も資産ですね。

 

 

▶資産をたとえると?

 

血液…血液がないと倒れていまいます 

『現金』と同じ意味です

 

脂肪…ありすぎてもダメですがなさすぎると寒さをしのげません

『棚卸資産』と同じ意味です

 

筋肉…身体を動かす原動力となるものです

『固定資産』と同じ意味です

 

 

f:id:koala_log:20190228231404j:plain
ふゆみさん

それぞれの身体の部位にも、現実的な意味合いがあって表現してくれているんですね。

 

 

 

 

 

 

2.負債=他人の力で増強するもの!

 

そんな筋肉ムキムキのマッチョマンの筋肉は素晴らしかったです。

 

しかし!

 

大事なことは、そんな筋肉がどんな元手で構成されているのか?ということです。

 

✔ 他人の力を借りて筋肉ムキムキに?

✔ 自分で筋トレして筋肉ムキムキに?

 

ということで、負債とは『他人の力で身体を増強するもの』です。

 

たとえば、栄養ドリンクやプロテイン、整形手術もどれも他人の力を借りて増強しているものです。

 

▶負債をたとえると?

栄養ドリンクやプロテイン…即効性があり、すぐに筋肉の栄養へと変えてくれます

『短期借入金』と同じ意味です

 

手術…手術後、時間はかかりますが手術をすれば身体は前の状態よりも良くなります

『長期借入金』と同じ意味です

 

 

f:id:koala_log:20190228231404j:plain
ふゆみさん

たしかに筋肉が、栄養ドリンクやプロテインで成り立ったものかもしれないということですね!

 

f:id:koala_log:20190215135149j:plain
こすぴー先生

はい、その通りです!

 

 

 

 

 

 

3.純資産=生まれつきの身体!

 

いっぽう、他人の力を借りずに、筋肉をムキムキにする方法もありますね。

自分で筋トレして鍛えて、筋肉ムキムキにできます。

 

 

f:id:koala_log:20190225160114j:plain
ふゆみさん

なんだか『ムキムキ』と、言葉が多いですね~…笑

 

 

 

純資産とは、『生まれつきの身体』を表すということです。

 

たとえば、母からもらった生まれつきの身体は、自分で筋トレ強くする方法があります。

 

▶純資産をたとえると?

 

母からもらった身体…無償でいただいた身体は資本であります。 

『資本金』と同じ意味です

 

筋トレする…自分で身体を強くして基礎体力を向上することです

『利益剰余金』と同じ意味です。

※利益剰余金とは…稼いできた利益の積み重ねが、純資産の部に積まれていくことです

 

 

f:id:koala_log:20190228231404j:plain
ふゆみさん

なるほど!母からもらった身体を筋トレして、基礎体力を向上するってことですね!

 

f:id:koala_log:20190215135149j:plain
こすぴー先生

はい、その通りです。大事なことは、資産を構成する負債と純資産のバランスです。人も会社も同じで、どちらの力も借りなければ、資産を大きくすることはできませんね。

 

 

 

f:id:koala_log:20190421231142p:plain

 

 

 

f:id:koala_log:20190215135149j:plain
こすぴー先生

1限目第7回目の授業、大変お疲れさまでした^^

次の授業は「1-8 我が家の貸借対照表を作ってみよう!」 です。

貸借対照表編の最終仕上げです!

ひと休みしたら、ぜひご覧ください。

 

 

 f:id:koala_log:20190225232124j:plain

 

1-4 イメージが大事!実際の貸借対照表を見てみよう!

1-5 貸借対照表には3つのBOXがある!

1-6 貸借対照表には1年基準というルールがある!

1-7 貸借対照表を人の身体に例えてみよう!←イマココ

1-8 我が家の貸借対照表を作ってみよう! 

 

\ 講座のご案内 /

財務諸表を分析できるようになりたい方へ

f:id:koala_log:20190727003748p:plain