ZAIMの教室 財務諸表専門の学校|東京|講座・セミナー|分析・見方・読み方|決算書|

『ZAIMの教室』では、財務諸表や決算書の読み方・見方をわかりやすく教えています。実例企業の決算情報も解説しているので投資家も必見。ぜひ、会社や企業活動の面白さを体感する人が増えたら嬉しいです。

ZAIM用語集 ➤ROE(自己資本利益率)

 

 

f:id:koala_log:20190226002845j:plain

\ZAIM用語集 へようこそ/

 

 [最終更新日]2019年4月15

■ ROE(自己資本利益率)

f:id:koala_log:20190415152509p:plain

 

 

ROEとは、自己資本利益率のことです。「quity 自己資本 n に対する eturn 利益」と日本語に訳せます。略称を、『あーる(R) おー(O) いー(E)』と呼びます。『会社の純資産(=自己資本)を使って、どれだけの利益が出たのか?』ということを、知るための指標として使います。『会社の純資産(=自己資本)を有効に使えているのか?』という意味合いでも、大切な指標となります。

 

自己資本利益率(eturn n quity)

=当期純利益÷純資産×100

 

※ 注意 ※ 

企業によっては、分子を当期純利益や経常利益で計算しているのでご注意ください。 

 

< 補足 >

・負債 = 他人資本

・純資産 = 自己資本

 

この指標は、『会社の純資産を有効に使えているのかの指標』なので、株主のための指標とも言われます。株主さんが出資してくれたお金が純資産になります。つまり、株主からもらえたお金を使って、どれだけの利益を稼げる会社なのか?を、株主さんは知りたいです。

 

▶ 自己資本利益率(eturn n quity)

= 当期純利益 ÷ 純資産 × 100 

 

f:id:koala_log:20190415153053p:plain