2-8 倒産しないかな?③ キャッシュ・フロー計算書の状況を知る!

 

 

  [最終更新日]2019年4月2日 [読了目安]こちらの記事は3分程で読めます 

 

f:id:koala_log:20190610100646p:plain

 

 

f:id:koala_log:20190215135149j:plain
こすぴー先生

『ZAIMの教室 財務諸表専門の学校』のこすぴーです。

ふゆみさんと一緒に、財務諸表・決算書の読み方を3時間でマスターする無料講座の2-8回目となります。

今回は、最後にチェックして欲しい安全性分析の解説です。

 

f:id:koala_log:20190225160114j:plain
ふゆみさん

前回までで、色んな比率分析でしたが、今回もそういう分析ですか?

 

f:id:koala_log:20190215135149j:plain
こすぴー先生

いえ、今回は比率ではなく、ざっくりとキャッシュ・フロー計算書の状況を知る分析です!

 

 

 

 

f:id:koala_log:20190610100134p:plain

 

 

1.『キャッシュ・フロー計算書』を見よう!

 

安全性分析では、2つの分析方法で主に貸借対照表をチェックしていました。

 

3つ目の分析方法は、貸借胎諸表での分析で異変を感じたら、絶対に分析しておいてほしい方法です。

(異変を感じずとも、念のためチェックして欲しい!)

 

それは、『キャッシュ・フロー計算書』を必ずチェックする分析方法です。

 

もう一度おさらいになりますが、会社が倒産するのは

 

『現金』がなくなってしまうから。

 

そのため、大事な現金の動きが記載しているキャッシュ・フロー計算書をチェックすることが安全性分析に繋がります。

 

 

2.『キャッシュ・フロー計算書のパターン』を見よう!

 

ざっくりでいいので、3つの区分のキャッシュ・フロー計算書を『プラス・マイナス』の大きさで捉えて欲しいです。

 

 

f:id:koala_log:20190224231834j:plain
ふゆみさん

プラス?マイナス?ちょっとイメージが欲しいです!

 

f:id:koala_log:20190215135149j:plain
こすぴー先生

下にイメージ図を書きました、まずはこちらを見てみよう!

 

 

 

 

 < キャッシュ・フロー計算書のパターン >

f:id:koala_log:20190402122037p:plain

 

 

プラス = 現金が『入金』された

マイナス = 現金が『出金』された

 

 

f:id:koala_log:20190215135149j:plain
こすぴー先生

プラス・マイナスの大きさは、現金の大きさを示しているよ。

 

f:id:koala_log:20190224231834j:plain
ふゆみさん

大きいプラスは、それだけ現金が会社に入ったってことね!

 

 

 

 

キャッシュ・フロー計算書にも、図のように様々なパターンがあります。

 

✔ 自分が分析する会社が、どのパターンに区分されるのかチェックして欲しい

✔ プラス・マイナスの大きさの要因を細かく探ってほしい

 

分析ステップをまとめると、下記のようになります。

 

Case

営業C/F:+300万円

投資C/F:△500万円

財務C/F:+100万円

 

① 現金の大きさと種類を、プラス・マイナスで表現する

 

✔ ざっくりイメージで、キャッシュ・フローを捉えましょう。

✔ 『投資C/Fが大きく支出しているかな?』と捉えるざっくりさで大丈夫です。

 

② 何の項目が一番大きい金額なのか?

 

✔ ステップ①で捉えた内容を細かく分析していきましょう。

✔ 何に現金を使ったのか?それとも獲得したのか?

 

この場合は、投資C/Fで大きく現金が支出されているので、

 

固定資産なのか?

有価証券なのか?

それとも・・・?

 

③ なぜそのような動きをしているのか?

 

✔ ステップ②で原因項目がわかったら、それがなぜそのような動きになっているのか考えます。

✔ この段階では、他の財務諸表の貸借対照表や損益計算書、または他の決算資料で原因を探る必要があります。

  

 

3.解釈の仕方は、その会社次第である!

 

 

f:id:koala_log:20190215135149j:plain
こすぴー先生

それでも、すべてがさきほどの図のような解釈になるとは限らないんだよ。

 

f:id:koala_log:20190224231834j:plain
ふゆみさん

え、そうなんですか?例えば、どういうことですか?

 

f:id:koala_log:20190215135149j:plain
こすぴー先生

たとえば、下記はフリマで有名なメルカリさんのキャッシュ・フロー計算書を持ってきました!

 

 

 

 

 < メルカリのキャッシュ・フロー計算書> 単位:円

f:id:koala_log:20190402120853p:plain

 

 

 

 

f:id:koala_log:20190215135149j:plain
こすぴー先生

営業C/Fで△3,437百万円の現金が出金しているのに、投資C/Fでさらに△1,944百万円の出金、そして財務C/Fで+63,617百万円が入金されています。

すると、『本業で稼いでないのに投資して、借金しててやばい!』と早まって解釈してはいけないんだ。

 

f:id:koala_log:20190224231834j:plain
ふゆみさん

なんでですか?

 

f:id:koala_log:20190215135149j:plain
こすぴー先生

会社にも成長のステージがあるんだよ。

たとえば、メルカリさんのような新興ベンチャーだったら、会社のスタート期なので、最初はどうしても『営業』で稼げず、『投資』が大きくなる。

 

f:id:koala_log:20190224231834j:plain
ふゆみさん

なるほど!当然、創業したてだから、最初はお金がかかるってことですね!

 

f:id:koala_log:20190215135149j:plain
こすぴー先生

正解!!

創業期はどうしてもそういうお金の使い方にならざるを得ない。そして、借金している。けど、創業期ではない会社が同じようなパターンだった場合は…要注意だね!

 

 

 

 

キャッシュ・フロー計算書には、本当にさまざまなパターンがあります。

 

ZAIMの教室でも、企業分析の実践ができるので、ぜひそこでも経験を積んで欲しいと思います。

 

 

f:id:koala_log:20190610100134p:plain

 

 

 

f:id:koala_log:20190215135149j:plain
こすぴー先生

2時限目第8回目の授業、大変お疲れさまでした^^

次の授業は「2-9 大きくなるかな?① 『バランスの良さ』を知る! 」です

ひと休みしたら、ぜひ読んでみてくださいね!

 

 

f:id:koala_log:20190225232124j:plain

 

2-6 倒産しないかな?① 資産に占める『純資産』の割合を知る!

2-7 倒産しないかな?② 『資産内』での割合を知る!

2-8 倒産しないかな?③ 『キャッシュ・フロー計算書』の状況を知る!←イマココ

2-9 大きくなるかな?① 『バランスの良さ』を知る!